祭り

モクジ

1

 解放したロスアンヘルスでは、ちょうど祭りの時期だった。
 あまり裕福ではない近くの町の人々が集い、そのときばかりは都市の人口が一気にふくれあがる。貿易都市だから、帝国の支配下におかれていたとはいえ、そこそこ栄えていたのがよくわかる。たまたま反乱軍がバルパライソを落としてデネブを改心させた後、その報告で町を回っているときにその時期と重なった。
 ウォーレンはたまにはそういうこともいいだろう、とOKを出して反乱軍は一晩都市に滞在することになった。今後、もっと軍が大きくなればそういうことも出来なくなろう、というのも理由のひとつだ。
 都市の代表者と謁見をしてから、デネブを改心させたことに対しての礼として宿を提供してもらうことになり、ソニア達は人があふれている宿屋ではなく、都市代表者の古くておんぼろだけれど、昔はすばらしい屋敷だったのだと思われる別棟を提供してもらった。
「明日の午前中には出発するから、各自あまりうかれすぎないようにな」
 ソニアは笑って兵士達を見送る。
 それでも何があるかわからないから何人かはローテーションで都市周辺の様子を見張っておく必要がある。
 申し訳ないとは思いながら、魔獣たちをあやつるビーストテイマーや、そもそも祭りなんてものに無関心であろうゴースト、ジャイアントを含む部隊にそれをまかせることにした。
 ウォーレンは相変わらず早寝早起きで早朝のローテーションに加わる、といって早々に与えられた部屋に引きこもった。
「じゃあ、行ってきます」
 ソニアの部隊にいるビクターやヘンドリクセンもちょっと浮き足だった声でソニアに頭を下げる。
「うん。気をつけて。楽しんできて」
「おい、ソニア、お前はどうすんだよ」
「あたし?もうちょっと仕事が残ってるから。あとでいくよ」
「そっか。あんまりガリガリ仕事ばっかりやってるとバカになるぞ」
 そんなことを言うのはカノープスだ。すっかるソニアとカノープスはうちとけている。
 実のところカノープスももともと細かいことにこだわらない男だったし、ソニア自身はその最たるもので、面倒なことや難しいことはまったく何も出来ない一面をもっていたからお互いがわずらわしくないのだろう。
 それでも、二人は自分達だけではあまりにもどうにもならなくて、ランスロットのように口うるさい人間がいなければ反乱軍は成立しないということを心から思っているのだが。
 ソニアは兵士達を見送ってから一通り見張り兵士にも声をかけ、ちょっとふるまってもらった硬いパンのようなものをつまみに食堂らしいところにひょっこりと現れた。
 もともと使っていなかった屋敷らしいから何もない。きたときに差し入れてもらった食料が薄汚いテーブルにのってるだけだ。
「ちょっともらおっかな」
 ぼそぼそして味もそんなにしない乾パンは、保存食になるものだから本当はこんなときにつまんではいけない。
 それでもソニアは他にめぼしい食料をみつけられなかったのでちょっと手を伸ばす。
「こらっ!それは今食べてはダメだ!」
「うわっ!!」
 背後から聞きなれた怒声。おそるおそると振り返ると、いつもどおりの男がそこに立っていた。
「みつかっちゃった」
「ソニア殿!なんで、そんな……腹が減っているのですか」
「う、うん」
 後ろから現れたランスロットが呆れ顔で眉をちょっと寄せる。
「ランスロットは祭りにいかないのか。みんないったぞ?」
「……ああ、ちょっとぐらいは見てこようかと思っているのだが。……つまみぐいなどしなくても、祭りでもうちょっとマシな食べ物を売っているはずなのに」
 ふう、とランスロットはため息をついた。ソニアは全然悪びれた様子がない。
「祭りいかないし」
「何か残作業があるのか」
「ううん。……あんまり、よく、わからない。祭りって」
「?」
「わたしは、祭りなんてものに行ったことがないから。なんか、みんな楽しそうだ。そういうものなんだろうけど。自分はいけないと思ってたし」
 けろっとソニアは言った。
 あまり彼女の出自に関して深く聞くことはランスロットもなかったけれど、その物言いは心にひっかかる。
「祭りにいったことがない……?」
「あたしが育った村はさ、隣町で祭りがあるくらいだったから。それに……結構、弟とか妹とかいたから、面倒見るのに大変でそんなの、行ってる暇なかったなあ」
 初めて自分のことを話すソニアにランスロットは少しだけ心を痛めた。
 ウォーレンから聞いた話では、弟とか妹とか、そういう家族のようなものは既にソニアにはいないということだったからだ。
「だから、今日だってみんなが楽しんでくればいい。あたしは、苦手だ」
「……行ったこともないのに、苦手だなんて決め付けることはない」
「ランスロットはあるのか」
「……ああ、子供のころからゼノビア宮前で大きな祭りを毎年やっていた」
「ふうん。栄えているところにいたんだもんね」
 そうっとそういいながらまた乾パンにソニアは手をのばす。ランスロットは苦笑いしてひとつだけなら、と許可した。それから
「ソニア殿、一緒に行くか?民衆が何をしているか勉強するといい」

 ひょこひょことランスロットの後ろについていくソニアは、いつもと違う様子だった。
 町の人々がみんなうかれているその様がめずらしくて、逆におびえているようにも見える。
「わあ」
 多くの屋台が並んでいた。といっても、小さなポールに布を張っただけの、本当に一晩もつかもたないかわからない簡易式のテントにもならないような店構えだ。いい匂いが石作りの広場に充満していて、そして楽しげな音楽も流れている。
「ゼノビアの祭りにはさすがにほど遠いが。それでもさすが貿易都市だけのことはある」
「ゼノビアの祭りって、もっと大きかったのか!?」
「私が子供だったからそう思っているのかもしらんがな」
 ランスロットは振り返って小さく笑った。ソニアはにこ、と笑い返して
「笑った!」
「……な、なんだ」
「ランスロットが笑うのは好きだ。前にも言ったじゃないか」
「……そうか」
 悪気がないことはわかっている。が、いちいち笑ったときに言われてしまう、ということは、いかに普段自分はソニアといるときに笑っていないかの裏返しのようでランスロットはバツが悪い。
「ちょっとここで待っていなさい」
 まるで子供を扱うかのようにランスロットはソニアを座らせた。広場の噴水のあたりは人々がごったがえしていて待ち合わせ場所にもなっている。
 ソニアはおとなしく座って人々を見ながら考えていた。
(不思議だな。きっと、この祭りだってデネブを放っておいてもなんら変わりがなく行われていたのだろう)
 少女達が思い思いのおしゃれをして走っている。
(私達はきっと、もっともっとひどい地域にこの先いくことになるだろう。)
 それは予感ではなく確信だった。
 第一ここいら一帯だってデネブにおびやかされていた、とはいえここ最近は畑荒らしばかりで、以前の人体実験はされていなかったわけだから、実質デネブの脅威というものは薄まっていたわけで。本当に帝国が圧政をしいている地域であれば祭りなんかも出来るわけがない。
 ここからソニア達はゼノビアに向かう。
 多分、ゼノビアの方が昔の王都だけにもっとひどい圧政がしかれていて人々はおびえているのだろう。
「何を難しい顔をしている。ほら」
「えっ」
 そんなことを考えていたらランスロットが戻ってくるのに気づかなかった。ランスロットは手に湯気を出している何かをもっていた。
「肉いりの揚げパンだ。外側の葉っぱは食べ終わったら捨てなさい」
「……あ、ごめん、ランスロット!」
 あわててソニアは立ち上がる。彼女にはめずらしくかあっと赤くなって、それから
「あ、あたしは……その……」
「ん?」
「か、金を持っていない……」
「ははは、なんだそんなことか。これくらい」
 真っ赤になってソニアはランスロットを見上げた。
「ごめん。先にいっておけばよかった」
「これくらいは」
「だって、ランスロット達だって、あまりこづかいをやってないはずだ。いくらあたしが馬鹿だって足し算引き算は出来るぞ」
 正直なところ、あまり今の反乱軍は金がない。
 今日の祭りのためにウォーレンがなけなしの反乱軍の財布からわずかずつ人々に金を配ってやっていた。
 それだって酒数杯と食事をするくらいの金額で、もともと配給される金を普段からためてない兵士だったらものの1時間で使い切ってしまうはずだ。
「気にすることはない。それに、気になるなら戻ってから気持ち分だけいただくよ」
「ち、違うんだ、ランスロット」
「?」
「……その、そもそもあたしは、金そのものがない」
 そういうとソニアはますます真っ赤になってうつむいた。
「……何に使ってしまったんだ?」
「違う。もともともらってないんだ」
「ええっ!?」
 ランスロットは呆然としてソニアを見つめる。
「それは、一体どういう……」
「食べ物があれば、その、金はいらないから……」
「ば、馬鹿なことを言ってるんじゃない!」
 ああ、またランスロットに怒られてしまった。ソニアはなんだか申し訳ない気分にめずらしくなって小さいからだを更に小さくした。
「その、一応、出陣するときは……各都市で何があるかわからないからウォーレンに金をもらってはいるんだぞ」
「そういうことではないだろう」
 ふうー、とランスロットはため息をついた。困ったようにソニアはそれを見ている。
「……まあ、その話はあとだ。……・食べるといい。暖かいうちに」
「でも」
「でも、じゃない。大人の厚意にはありがたくあずかるものだ」
「……そっか。ランスロットは大人だものな」
 そう言ったソニアはなんだかひどく子供めいていて。
「ありがとう」
 めずらしくちょっとだけしょげかえってランスロットが買ってきたものを口に運ぶのだった。
「どうだ?」
「おいしい!」
「そうか」
 ランスロットはソニアにばれないように小さくため息をついて、本当に子供のようなこのリーダーをみつめるのだった。


 広場から少しはずれたところでは綺麗な色の紙が配られていた。
「はいよ、お嬢ちゃん」
 恰幅がよい男がソニアとランスロットにも紙を渡す。近くには木のテーブルがいくつも用意されてあって、そこにペンをもって何かを書いている人々がいる。ソニアは不思議そうに 紙をぺらぺらと動かして
「これは何に使うんだ?」
「好きな相手の名前を書いて、その木に結ぶのさ。3日後に木を燃やすんだけどな、そのときまでにきちんと木に結ばれていて、綺麗に灰になったら思いがかなうといわれてるのさ」
 側に何本かの木が並んでいて、既に多くの紙を結び付けられていた。ふとソニアはランスロットをみた。
「ここいらの地域は、誰でも字がかけるんだな」
「ああ、そうだな……。案外ゼノビアに近いからだと思うが。ちなみにソニア殿は……」
「一応、書ける。へたっぴだけど。ランスロットは読み書きがうまそうだ」
「これでも一応王宮入りしていた人間なのでね」
 ソニアは綺麗な浅黄色の紙を透かしてみたりしていたが、しばらくすると丁寧にそれを折り始めた。
「……」
 書くような相手がいないのだな、とランスロットはそれを横目で見る。とても丁寧に折ってある様子は、普段のソニアからは全然予想も出来ない。
「ランスロットは書いてくるといい」
「……そうだな。私の年齢ではそういうことも恥ずかしいものなのだが、まあ、たまにはいいか」
 ソニアは木に結びつけている間にランスロットがペンをとって書き込みをしているのを横目で見ていた。
 実のところ、ソニアだってランスロットのことは全然知らない。ただ、その様子を見て「ふうん、ランスロットは好きな人だか恋人かなんかがいるんだなあ」と思ったりはした様子だ。
(……なんだろう。)
 ちょっとだけ胸の奥で痛みを感じてソニアは眉をしかめる。
 ランスロットもソニアを見習って丁寧に紙を折って木に結びつけた。
 広場の方からにぎやかな音楽が流れ出した。それを聞いて少年少女たちが慌てて走っていくのが見える。
「いってみようか」
「うん……」
 なんだか少しソニアは気が進まない様子でうなづいた。


 着飾った少女達はくるくると踊っている。
 音楽は陽気で心が浮き立つようなメロディーだ。広場に戻ろうとしたランスロット達がとおった路地では元気なおばさんが装飾具を売っている。
「そこのお嬢ちゃん。せっかくのお祭りなんだから、もっと可愛い格好で飾ってくればいいのに。ちょいと、おにいさん、買ってあげたらいいでしょうよ」
 その声が自分にむけられたものだとソニアもランスロットも気づくのが遅かった。
「おにいさん?あれ、もしかしてお父さんかしらねえ」
「失礼な」
 ランスロットは泣き笑い顔で言った。確かにソニアとの年齢差は大きいけれど、いくらなんだってそこまで言われる年齢ではないはずだ。……と思ってから心の中で自分の年齢を考え直す。
(……言われても、仕方ないか……)
 ランスロットが憮然とした顔になったのにソニアは気づかない。
「あら、ごめんよ。ほら、こんなの買ってあげたらいいのに。その格好じゃあさびしすぎるでしょ。祭りなのにさ」
「いいんだ、おばさん、あたしたち貧乏だから」
 笑ってソニアはあっさりという。
「ありゃ。そういわれちゃあ申し訳ないねえ」
「いいんだよ。こんなに綺麗なブローチやショールを売ってもらっても、それをあわせる服がないんだ。ごめんよ。金持ちになったら買うことにするね」
「ああ、いい子だねえ、あんたは」
 ランスロットにとって、ソニアのその言葉はとても衝撃的だった。
 今までランスロットとてこの24年間逃亡生活を送っていたのだから財政的にも精神的にもとてもみじめな思いをしていた。
 けれど、それを口に出すのははばかられたし、何よりもゼノビアの騎士としての誇りがそれを許したくなかったのだ。
 ソニアがいっていることは確かに正しい。けれど、なんだかランスロットは悲しい気持ちになった。
「ランスロット、行こう」
 その様子に気づいていないだろうソニアは、小さくランスロットに笑いかけた。
「ああ……そうだな」
 なんだかいたたまれなくなってランスロットはソニアの前を歩いていった。慌ててソニアもそれを追いかける。
「ランスロット。待て。速い」
「……あ、これは悪かった……」
 人並みにのまれそうなほどソニアの体は小さい。ふりむくとソニアは少し離れてしまって、人ごみを掻き分けて近づいてくるところだ。
 ランスロットは慌ててとまって、ソニアが自分のもとにたどり着くのを待った。
「はーっ。こんなに人がいっぱいいるところ、初めてだからーーー」
 ふう、と息を整えるソニア。
「ごめん、ランスロット。そろそろあたしは帰るよ」
「……しかし、まだほんの30分くらいしか」
「いいんだ。あんまりあたしには向いてないみたいだ」
「向いてない、って……」
「帰って一眠りして、夜番になってるガストン(ビーストテイマー)と代わってあげようかと思って」
「しかし」
「さっき、ランスロットからもらった食べ物、おいしかった。ガストンも、食べられるといいと思う」
 その物言いはまた子供のようで。
 だけれどもランスロットにはなぜかとても好ましく思えた。
「そうか。では、帰ろうか」
「ランスロットは、まだいていいよ。一人で帰れる」
 そういうソニアにランスロットは今までみせたことがないくらい優しい笑顔をむけた。
「いや。いいのだ。……それに、人の出が激しくなってきた。私が道をかきわけるほうが楽に帰れるだろう」
「いいのか?」
「ああ。じゃあ、帰ろう。そうだ。……はぐれるといけないから」
「……うん」
 ランスロットはソニアの手をつかんだ。ソニアも何の躊躇もなくうなづいてちょこちょことランスロットの後ろをついていく。
「ランスロット!」
「なんだ」
 人並みをかきわけながら進んでいるランスロットに無理矢理叫ぶソニア。
「今日のランスロットは優しい!」
「……そういうことは、こういうところでいうものじゃあない」
「じゃあ、どこならいいんだ?」
 かといって、あとから面と向かって言われるの恥ずかしいではないか、と気づいてランスロットは苦笑した。
「いや、いい。……そうか、優しいか」
「うん」
 そうだな。今日の自分は少し優しいかもしれない。そんなことをランスロットは自分でも思っていた。
 自分が命を預けているこのリーダーが、本当に何一つもたないちっぽけな少女で、あまりにもそれが不憫だと思えていた。
(けれど、同情だといえば、この子はきっと私を許さないだろう)
 あまりランスロットはソニアのことを未だに知らない。けれど、それだけは強く思った。


 ランスロットは今日は優しい。
ソニアは不思議そうに自分の手をひいてくれる、ずいぶん年上のこの騎士の後姿をみてい た。
 いつも自分は怒られる。
 今日だって怒られた。
 でも、今日はそれ以上にランスロットがなんだか優しい。
 それが不思議と不安だった。
(さっき、誰の名前を書いたんだろう)
 自分には、書くべき名前もない。そして、着飾る服もない。
 なんだかあの祭りすべてが自分とそぐわない気がして、それだけでソニアは不安になっていた。
 どうしてかわからないけれど、自分とランスロットが明らかに違う人間なのだということを、たった30分で知らされた気がする。
 ああ、そうか。
 だから、いっぱいあたしは怒られるのだ。
 ランスロットとあたしは全然違う世界の人間で。そして、きっとランスロットの方が普通なのだろう。
(さっき、誰の名前を書いたんだろう)
 そんな思いが心の中で何度も何度も繰り返されていることにソニアは自分で気づかず、ただ自分をひっぱってくれているランスロットの手の大きさを感じていた。

Next→
モクジ

-Powered by HTML DWARF-