祭り

モクジ

2

 二人が広場に出かけたのは夕方くらいだった。それがみるみるうちに暗くなってきてようやく祭りのメインである夜の出店が繁盛してきたらしい。
 どこかで火を使っているのだろう、広場方向を振り向くと暗くなった空間にぽっかりと赤い色が染めあがっていた。先ほど踊っていた少年少女たちの代わりに、もう少し年齢が上の女性達がその火を囲んで踊りだすのに違いない。
 人ごみを抜けて二人は砦に帰ろうと歩いていた。ようやく混雑している場所を抜けたときにランスロットが気づくと、彼の大きな手の中でソニアの手は軽く彼の手のひらを握っていた。何も意識していなかったのに、それに気づいてランスロットは慌てて手を離した。
「ここまでくれば大丈夫だろう」
 祭りの音は遠ざかって、祭りから帰る人やこれからいく人がまばらに歩いていた。
 石造りの広場とは違って、抜けて出たところは人気のない通りだ。確かに今日彼らが提供してもらった宿は昔別荘だった屋敷だったので、比較的静かなところに建っている。
 正直な話、実際そうでなければ彼らのような大所帯、かつ魔獣達を含んだ集団が突然町で寝泊りするというのは無理に近い。
「はー、みんな楽しそうだったな」
 慌てて手を離したのを気に求めてないようにソニアは言った。
「あ」
「ん?」
「ソニア殿、髪」
「ああ、途中で紐が落ちたらしくて」
「……探せばよかったのに。声をかければ止まったものを」
「ううん、いいんだ。そこいらに落ちてた紐だったし」
 ランスロットはまたその言葉に眉をしかめた。
 ソニアの不ぞろいな赤毛はばさばさと解かれていて、人ごみをかきわけたせいかあまり綺麗だとはいえない。むしろぐしゃぐしゃになっているというほうが近い。今までランスロットの手の中にあったソニアの手が、髪をかきあげた。
「髪が多くて困る。切るわけにもいかないし」
「なぜ」
「……内緒だ」
 そういって、ソニアは髪を束ねて近くをきょろきょろと見渡した。
 多分、何か運良く紐でも落ちてないか、と仕様がないことを考えているのだろう。
「ああ、そうだ。これを」
 ランスロットは自分の剣--それはソニアからうけとったカラドボルグだったのだが--の鞘を腰にしばりつけている紐の上に、飾り程度に重ねられていた生成り色の紐をほどいて渡した。
「ありがとう。いいのか」
「ああ。それくらい……それは、もともと私の剣飾りの紐だったのだが、ぼろぼろになってほどけてしまって。なんとなくいつも付けていただけだから」
 剣飾りは複数の紐を合わせて模様に結い上げたもので、剣の持ち手である柄(え)の先につける一種の装飾品だ。
 似た武器を周囲がもつときに見分けやすいように個々人でつける場合があるが、通常は稀なことだ。
「いいのか」
 もう一度ソニアはいった。
「いいというのに」
 苦笑するランスロット。ソニアはきつく髪を束ねて、何度もその紐を絡めた。普通に縛るだけでは紐はすぐにほどけてしまう。それを器用に見えないところで髪と紐を絡めながら、まるでただ単に結わえているように見える結び目をつくる姿を、じっとランスロットは不思議そうに見ていた。
 それは普段のがさつなソニアからは想像出来ない姿で妙にきちんとしていた。
「これでよし。待たせたな。すまない」
「では戻るとするか」
 二人はまた歩き出した。取り立てて話す話題といったら祭りの感想やら反乱軍のことになってしまう。
 けれど、それを話題にするべきことなのかなんとなくランスロットは量りかねていた。屋敷に近くなっていくと両脇に木が並ぶちょっと陰気な道に出る。途中途中でたいまつがおいてあるけれどその間隔が広いものだかrあまり明るくはなかった。
 空を見上げたらもう月が出ていた。ソニアがそれをじっと見上げているのにランスロットは気づく。
「どうした」
「雨にならないといいと思って。でも、天気は大丈夫そうだな」
「少なくとも今晩と明日あたりは大丈夫だろう。それ以降に降られるのも嫌だが」
 ランスロットも賛同する。ソニアはまじめな顔で言った。
「いや、あと3日は晴れていてもらわないと」
「?3日?何があるのだ」
「さっき、枝に紙を結んだだろう。雨が降ってしまっては、うまく燃えなくなる。……綺麗に燃えればよいのに」
 思いもよらないことをソニアが言うものだからランスロットは面食らってしまった。
「そんなことを」
「ランスロットはそうは思わないのか」
「……考えてもいなかった」
「ふうん」
 ソニアはとりたててランスロットの回答に対して気があるようなないような声を漏らす。
「きっとガストンはまだ寝ているな」
「うむ。彼は深夜番だから昼から眠っているはずだが。祭りは朝まで続くというから、我々が一眠りしてガストンの代わりに見張りに立てばいいだろう」
「何言ってる。ランスロットはいかなくていい。あたしが勝手に決めたことだし」
「……そういうわけには」
「何故だ?」
 改めてそう言われてランスロットはとまどった。確かにソニアの疑問はしごくあたりまえのことで、ソニア自身が決めたことだからランスロットには関係がない。
「明日出発するのにソニア殿に負担をかけるわけにはいかない」
「ランスロットが一緒に来たからって負担が減るのか?よく言ってることがわからないぞ」
「……」
 ランスロットはめずらしく心底困った顔になって、ソニアから目をそらした。
 自分でも確かに何をいっているかわからない節はある。
「ランスロット?」
「……いや、なんだか、勝手に私も一緒にいく気になっていたようだ。すまんな」
「なんで謝るんだ?変なの」
 そう言ってソニアは声をたてて笑う。
 その無邪気な様子は愛らしくて、なんだかそんな笑顔で笑われてしまったことが恥ずかしく思えてきてしまった。


「ディアナ、今から寝るから2時間くらいしたら起こしてくれ」
 ソニアは宿に戻ると祭りから先に土産を帰って戻っていたアマゾネス達に声をかける。ランスロットはとりあえず少し楽な格好になろうと部屋に戻って着替えている様子だ。
「わかりました。二時間後ですね」
「うん。じゃ、頼んだよ。……お祭り、楽しかった?」
「はい!ソニア様はお楽しみになりました?」
「あー、うん。まあね」
 あいまいな返事をしてソニアは歩いていった。
 ガストンが与えられた部屋にいくとぶしつけにドアをノックする。
「ガストン。ガストン寝ているのか。起きて」
 ドンドン、とドアを叩く。
 ビーストテイマーのガストンはこの前からギルバルドの参入があったことでかなり意識をしていて、人一倍頑張ろうとしている。彼はまだ20代前半だからギルバルドのような力量は持っていない。だから今夜の深夜番も自分から志願したのであるが最近の疲れが溜まっているのだろう、
 中で熟睡してしまっているに違いない。
「ガストン、開けるぞ」
 ソニアはドアをあけた。案の定暗闇の中でベッドで丸まってガストンは眠っている。
 狭い場所の野営や、魔獣達と眠ることも多いから自然と彼らは丸くなって眠る癖がついているのだ。
 熟睡しているときくらい、もっと体の緊張も緩和出来ればいいのに、とソニアはそれをみてちょっと憐れんだ。
「……眠らせておいてあげた方がいいかもしれないけど……」
 それでもせっかくの気晴らしなのだから真夜中に起きてから祭りにいくより、これから盛り上がるだろう時間に行ったほうが楽しいのではないか、とソニアにしてはめずらしく気をきかせようとする。そうっとベッドの縁に近寄って体をゆすって声をかけた。

 ランスロットが室内着に着替えて一息ついた頃にノックの音がした。
「誰だ」
「ランスロット殿。ガストンです」
「ああ、ガストンか。どうした、寝てたのではないのか」
 ランスロットがドアをあけると、若いビーストテイマーがおろおろとそこに立っていた。
「何だ」
「あの、その……ソニア殿のことは、ランスロット殿にお願いすればよいとウォーレン様からお聞きしていましたので……」
 嫌な予感がする。
「なんだ、どうした」
「その……確かに私がいけなかったのでしょうが……やっぱり、若い女性が男のベッドに……あがりこむのはどうかと……」
「……」
 そのガストンの言葉で、何があったかはランスロットには大体想像がついた。
 大方ガストンを起こして、深夜番は替わるということを伝えるためにソニアが自ら足を運んだのだろう。
「確かに、私も……すぐに起きられなかったのが悪いのですが」
「ガストン。すまんがそのことはお前の胸の内にしまっておいてくれないか」
「は、はい」
「どうもあのリーダーは……戦の時は恐ろしいほどの能力を発揮するようだが……その……」
「わかっています。普段は、本当に普通の女の子ですから」
 普通なのか、あれが!?とランスロットは思ったけれど、とりあえずその言葉はこらえた。


 深夜番の時間になってソニアはちょっとだけ眠い目をこすりながら出かけた。
 ガストンがいつもつれているヘルハウンド達が眠っている、屋敷の裏手に走っていく。
「あれっ、ランスロット、なんだ。やっぱり来たのか。いいっていったのに」
「話もあって」
「何だ?ああ、今日はあたしが一緒にいくよ。よろしく」
 そういってソニアはヘルハウンド達の顔を覗き込んで笑った。利口なこの生き物は心得たとばかりにソニアの側に動く。
「で、話って?」
「道すがら」
「……本当に一緒に行くつもりなのか」
「困るのか」
「別に。休めばいいのに、って思っただけだ」
 ヘルハウンドはソニアを背中に乗せようとそっとソニアの足元に座って擦り寄る。それへ礼をいってソニアはまたがった。ソニアはヘルハウンドに乗るのが大好きだ。案外とヘルハウンドの毛並みは柔らかくて乗り心地も悪くない。ランスロットは乗らずについていった。
「で、どうしたんだ」
 町外れに見張りに出ている部隊に合流するには1時間弱かかる。
 ソニアはランスロットを見たが、ランスロットはあまりおもしろくなさそうな顔だ。
「……また、あたしは何かやってしまったのか」
「……心当たりがあるのか」
「わかんない」
「ガストンが困っていた」
「え。な、なんで」
「ベッドに上がり込んでおこしたそうではないか」
「ああ、ガストンが起きなかったから」
「女性が男が寝ているベッドにあがるものではない。どういうことなのかわかっているのか、そなたは」
 ソニアはびっくりした顔になって、ななめ後ろからついてきているランスロットをまじまじとみた。それから、やっぱり簡単には何を言われているのかすぐにはわからなかったらしくて間があって、ようやく答える。
「そうかもしれない。悪かった。早く起こしてあげた方がいいと思ってついつい」
「そうか。何が悪いのかそれはわかったのだな。……どうせ交代の時間には起きるのだから放っておけばよかったのに」
 ランスロットはめずらしくソニアが物分かりがいいのでほっとしたようだ。逆に、めずらしく物分かりがいいソニアの方はまたまたちょっとしょげていた。
「……みんな、祭りが好きなようだったから……少しでも早い時間にいけたほうがいいのかと思って」
 そういうとソニアは黙る。
 それは話が終わって黙る、というよりもいいたいこともあるけれど言葉を切ったようにランスロットには思えた。
 のしのしとヘルハウンドが歩いていく道はここもまたあまり明かりが多くない。二人と二匹は黙ったままその道を通過して、ちょっと住宅密集地をかすめて町のはずれに向かう。小高い場所があって、そこで早番の部隊がいるはずだ。
 どれくらい沈黙の時間が二人と二匹にあったのだろう。最初に口を開いたのはソニアだった。
「ランスロット、月が明るいのに、こんなに今日は星が出ているのが見える。めずらしい日だ」
「……ああ、そのようだ。さっきまでは星が見えなかったのに」
「少し山に近いところにでたからかな。すごい。月だって明るいのに……あたしの村ではああいう祭りはなかったけれど、数年に一回みんなで星を愛でる日があった。簡素なものだけれど、祝い酒のようなものがあって、それがきっと祭りのようなものだったのだろう」
「星を愛でる?」
「うん。星祭り、というのかな、言葉にすると。村には占い師がいて、いつ次は星がたくさん出る日なのかを占ってくれる。それはなんだかぴたりと当たるんだ。その日は家族みんなで星空をみて、願い事をしていた。多分あれは祭りだったんだろうな。……今日のものとは目的も形もまったく違うし、きっとランスロットがいっていたゼノビアの祭りとも全然違うんだろうけれど。少なくとも子供達はとなり町で毎年やっているお祭りを楽しみにしていたような気がする」
 気がする、というのが少しせつない気持ちにさせる。ランスロットは「家族みんなで星空を」と聞いて、無性にソニアが寂しいのではないかと思ってしまった。もちろんそんなことは口にも出さないし、ランスロット本人もなんの確証もなくそう感じているだけなのだが。
「あたしには、星を愛でる方が性にあっているらしい……せっかくランスロットが連れていってくれたのにね」
「いや、そんなことはどうってことはない」
「そうか。ありがとう。やっぱりランスロットは今日は優しいな。……なんだか嬉しいぞ」
 嬉しい、とまでいわれてはランスロットもそれ以上怒ることが出来なくなった。少し照れくさい気分もする。
「ランスロット、手を貸せ。ちょっと止まってくれ」
 ソニアはヘルハウンドをとめて、道の途中で降りる。
「手?」
「うん」
「どうするんだ」
「言っただろう。家族みんなで星空みて、お願いするって。……別にランスロットは家族ではないけれど、今はひとつ屋根の下で寝泊まりしている仲だからな。家族みたいなものだ……手をつなぐんだ。本当はみんなで背中合わせで輪になるんだけど」
 ランスロットは困った顔をした。
 そこまでソニアのきまぐれにこたえればいいのだろう、と思案している風に見える。
が、当のソニアはそんなことは知ったことではない。いつもどおり子供のように笑って
「願い事は心の中で3回。一番自分が好きだなあと思った星をみながら繰り返すんだ。やってみろ」
 ソニアはとまどうランスロットにそれ以上説明しないで、ランスロットの背中に自分の背中をくっつけた。
 本来はソニアがいうとおり家族で輪になるのだろうが二人ではそうもいかない。背中をくっつけて、両手をお互い握って。
(旅の成功でも祈っておくか。)
 多分ソニアもそうだろう、とランスロットは思い、二人で願えばきっと星もかなえてくれるだろうと思う。
 一番好きだと思う星はどれだろう。
 どれも変わりがないように思える星空でもそれを意識してみつめると、それまで考えたこともなかったけれど星に表情があるように思える。
 ちょっと間があって、ソニアはそうっと手を放してランスロットの顔を覗き込んだ。
「願い事、ちゃんと3回心の中で唱えたか?」
「……ああ」
「何お願いした?」
 また小さく笑顔をむけてヘルハウンドにソニアは乗り直す。ランスロットは気恥ずかしそうに
「この旅の成功を。……ソニア殿は?」
「……ランスロットに怒られないように、もっと色々わかるようになりますようにって」
「……本当にそんなことを願い事に!?」
「うん」
 恥かしそうでもなくソニアは言った。
「そうすれば、きっとランスロットはもっと笑ってくれるのかと思う。あたしは、よくわからないことが多すぎてランスロットを怒らせるようだから」
 なんともいえぬ表情でランスロットはソニアをみた。
 その表情をみてソニアは肩をすくめる。
「ほら、またあたしはランスロットを困らせているらしい。……そんなつもりは毛頭ないんだぞ」
「あ、いや、わかっている。わかっているのだけれど……。星に祈るようなことなのか、と思って」
「それをいったらランスロットだってそうだ。旅の成功は、あたし達が努力すればいいことだ。そうだろう。でも、あたしはこれでも努力していて、それでだってどうにもならないんだから」
「努力していたのか!!」
「ほらみろ。努力してもその甲斐が現れないんだから星にでも願っておかないと埒があかない。ランスロットの笑い顔は大好きなのに」
 そういうとソニアは少しふくれっつらになった。ランスロットはそれへの返答前に僅かにとまどいを見せた。いつの間にか「好き」から「大好き」に昇格している。かといってそれは別に煽てているわけでもないし、ソニア本人は意識して使っている言葉ではなく、本当に素直な言葉なのだろうとランスロットは思った。
「それに……あんまりいつも怒られているから、ランスロットが優しいと、何故だか不安になる」
「……」
「それは、ランスロットに失礼なことのような気がする。どうだろう?」
「どうだろう、と言われても……」
 ランスロットは苦笑するだけだ。
 まったく、この少女はどうしてこんなに子供のように自分の心の中の言葉を口に出してしまうのだろう?
 それは悪いことではないような気もするが、いいことだとは断言できない。
 けれどそれをまたここで言うのはとても彼女にとっては酷なことのような気がする。
 今日の祭りでわかったけれど、とてもこの少女は自分とは違う生き物のようで、自分が思っていた常識や良識とずれている。そしてランスロットが思い知ったことは、そのズレている常識や良識が必ずしも間違っているわけではないのかもしれない、ということだ。
 ランスロットが恥かしいと思っていた、「貧乏」であることを口に出してしまう勇気や。
リーダーという立場でいながら、一銭も金を必要としていない欲のなさや。
ガストンを早く祭りにいかせてあげたくてついついベッドにあがりこんでしまったまっすぐな気性や。
 祭りを知らない、と断言した、物を知らないことそのものが恥だとは思わない潔さや。
優しくされたら嬉しくて、それでも不安で。それから、笑顔は大好きだ、と言ってしまう素直さ。
 それらはランスロットが今まで知らなかった世界だったし、どちらかというとあまり良くないことに思えていた事柄だ。
 そのランスロットの感覚は不思議とこの少女の前では霞む気がした。
「ランスロット?どうした?」
「あ、いや……また、今日のように星が綺麗な晩があったら……また、願い事をするのも悪くないと思っただけだ」
「そうか。じゃあ、また二人で祭りをしよう」
「それは祭りというものだろうか」
「固いことを言うな。あたしがそうだと決めた」
 そういってソニアは嬉しそうにヘルハウンドの首根っこに抱きついた。
「そうだな。次はもう少し……努力だけではどうにもならないような願い事を考えるかな」
「うん。ああ、天気になるようにお願いしてもよかったな」
「はは、よほどあの木のことが気になるのか」
「……うん。まあね」
 ソニアはそれ以上何もいわずに、ちょっとヘルハウンドの毛に顔をうずめた。
 ランスロットはそんな彼女の仕草は気にも留めずに、今はただ自分とこの少女の差異について、少しでも自分がわかってあげられたらいいのだが、とか思いを馳せることに余念がなかった。

 本当に気になっているのが、あの木そのものよりもランスロットが書いた名前だということに、まだソニアは気付いていない。


←Previous
モクジ

-Powered by HTML DWARF-